« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

マルチタスク

DnaCOVID-19 、1本鎖+RNAでバックアップ無しのようです。(ソース元

もうこうなると医学にこだわらず幅広い知識と対応が必要ですね。

ところで、60余年の長い経験があり照度検査基準をクリア―している「株式会社ヤスター」の廃業を知り愕然とした。

何故なら、各種の菌やウィルスを殺すのに必要な殺菌線量が決まっていて、青いランプが点灯しているからどんな製品でもウィルスに有効では無いからです。

紫外線は、食品には適さない事や波長によっては、人体に影響(目、皮膚)を与えるが、最近のテクノロジーでは、人畜無害な紫外線も開発されている。

                          (株)ヤスター殺菌線消毒器取説から引用
変形菌 63
赤痢菌 71
チフス菌 74
大腸菌 90
溶血連鎖球菌(A群) 124
溶血連鎖球菌(D群) 176
黄色ブドウ球菌 155
白色ブドウ球菌 151
腸球菌(VREは不明) 248
枯草菌(芽胞) 554
結核菌 250
A型インフルエンザウィルス
ポリオウィルス 12
A型肝炎ウィルス 11.5

 

不活化に必要な線量は、距離の二乗に反比例するので殺菌ランプから距離が2倍になれば、線量は4分の1になります。

 人工的に作る事が可能な殺菌能力の最も強い紫外線の波長が2537オングストローム、この特定の紫外線を効率良く発生するように設計してあるのが、芽胞にも使える「ヤスター」製品の凄いところでした❗(残念)




 

 

 

 

 

 

 

 

 

追加感染対策

当院は、非接触決済を導入していませんので、お会計時の紙幣、硬貨はヤスター製高照度殺菌線消毒器で処理したものをお釣りとしてお返し致します。

M

 

紫外線ランプから放出される殺菌線が、ウィルス等の遺伝を司る核酸(DNAやRNA)に作用して死滅、消毒します。

鍼灸師は、診断機器を使えない分、患者さんの気持ちを鑑みながら目に見えないウィルスと対峙する事が治療家の役割ではないでしょうか。

この製品が、こんな事に役に立つとは思いもよりませんでした❗

 

 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »