« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

問診(アスキング・ダイアグノーシス)

今年もまだ一ヶ月以上残っていますね。

今年を変えるチャンスとばかりに、やり残した事を片付けようと思います。

ところで、〈VIDEO〉タグってご存知でしょうか?

HTML5からWEBサイトに動画を簡単に埋め込む事が可能となりました。

という訳で当院の英語サイトに海外向けプレゼン用の動画を貼り付けました。

ソースコードは自作なので後程教えますね。(データーが重いとSEOに影響します。)

ビジネスパーソン時代、私はプレゼンが大の苦手でした。特に英語でのが・・・。

無意識にツボを押して気持ちを静めていたのが、鍼灸に関心を持ったきっかけだったと記憶しています。

例えば、日本語でも「はぁ~」と言われると「ドッキ」っとするじゃないですか。

ネイティブスピーカー達は、それ[ℎ]をベースに母音と子音を乗せて話ますので、アイスブレイクを知らないと一瞬で凍りつきますよ。

ちなみに私は、クリスチャンではありませんが、プレゼン中は手を前で軽く組みます。

この方が経験上、安心感を与えるようで欧米人からは好評価を得られました・・・。

また、日本政府も外国人就労拡大に政策転換するようなので、今後、鍼灸師も海外の人を施術するチャンスが増えると予想されます。(このスキームは止められないでしょう。)

おそらく、彼らに対する問診でも使えると思いますよ 今宵はここらでよかろうかい(隆盛風)

インバウンド向け鍼灸

今日から11月ですね。

という訳で当院のホームページも秋冬バージョンに変更しました。

SEO対策で表示速度を上げたので、セレロンなどのロースペックなCPUを積んだタブレットでもサクサクと読めます。

また、この夏に行われたグーグルのアルゴリズム更新は、特に医療系サイトに影響を与えたようですね。

これまで上位表示だったものが表示され無くなったりしていますから・・・。

コンテンツも見ているようで少なくてもサイトが東洋医学か西洋医学かは判断しているようです。

まぁユーザーサイドからすれば、これは良い事かもしれませんよね。

ところで、都内で開業している知人の鍼灸師によると「サロンやリラクゼーション店」では、すでに訪日外国人向けのメニューを用意しているそうです。

2020年には、訪日外国人は、4000万人に達すると予想されています。

少子化対策に鍼灸院も彼らに「日本の鍼灸を体験してもらう」というようなインバウンド対策に力を入れる必要がありますね。

かつて世界一だったビリオネアさんもさぞかし高価なスーツを身に纏い、リッチな食事に舌鼓。

かと思いきやヨレヨレでフケだらけのスーツにランチは、マックのハンバーガにコカ・コーラだったりしました。

だからこそ、自国に無いような「日本のおもてなしの心」に衝撃を受ける訳です。

もっと国際感覚を磨かないと日本国ヤバイぜよ(龍馬風)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »