« スマホ首 | トップページ | 7月の蝉 »

温故知新

風邪は、冬のインフルエンザばかりでは無く意外と夏も多いです。

原因のほとんどは、ウイルス感染によるものです。

例えば、子供のプール熱(咽頭結膜熱)やヘルパンギーナ、手足口病などは、咽頭痛や長引く咳、嘔吐、発疹等の原因になります。
Photo


「エアコンの冷えで夏風邪のど痛し」



鍼灸院のウェブサイトを見ると金科玉条の如く書かれている言葉に「自然治癒力」があります。

なんとなく古臭いと思う人もいるかもしれませんね・・・。

がしかし、近年は科学的に解明されつつあるので一概にそうとも言い切れません。

現代風に言い換えれば、免疫機能を高める事で、具体的には、マクロファージ、好中球、リンパ球がその担い手となります。

自身のNK細胞(ナチュラルキラー)は、悪性新生物(癌)などを撲滅してくれますので、その働きを活性化しましょう。

また、冷えは免疫力低下を招くので、寝苦しい夜でも過度に冷房の温度を低くしない事が大切ですよsign01

« スマホ首 | トップページ | 7月の蝉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557916/65462195

この記事へのトラックバック一覧です: 温故知新:

« スマホ首 | トップページ | 7月の蝉 »