« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

使い捨てライター

今まで、灸の着火用に使い捨てライターを使っていました。

それが、CR対応なので棒灸の着火に手間取る事が多くありました。

最近、コンビニエンスストアーでガス注入式のライターが販売されたので使ってます。

ガスを注入すれば、再利用出来るので非常にECOです。施灸の準備も早くて便利です。

お灸の着火にかなり使捨てライターを消費していましたのでこれからは、コンビニに行く

回数も減ります・・・。

アロマ灸

最近、お灸がプチブームになっている影響からなのでしょうか?

Photo_2 台座灸のラインナップにアロマ灸もあります。こだわりの一品ですね。

ライト感覚で日常生活にお灸を取り入れる事は良いですね。

お灸の効能は、さまざまありますが、ヒートショックプロテインの発生、

香によるリラックス効果、もぐさの成分である『チネオール』の効能など。

が挙げられています。

それに加えて火消が楽という点があります。 いくら健康に良いといってもいつまでも

火がくすぶっていては、安心できませんからね・・・。 本当に古人の知恵を感じます。

お灸の効果を最大限に発揮させるのは、身体反応の何処に据えるかが、キーポイントです・・・。

小児はり

医歯薬出版(株)から販売されている『小児はり』の書籍です。

Shounibook


『小児はり』が、思ったより海外にも普及していることが分かります。
本当に勉強になりますね・・・。

エコフォルダー

アレルギー皮膚炎や花粉症などに練りもぐさを使用します。

Ekoholder_2今までは、練りもぐさを持っている指が熱くなって最後まで使い切れなかったです。

エコフォルダーを使うと最後まで使い切れて非常に便利です。

Dsc_2112顔面部や前・側・後頚部の皮膚炎に対して治療が行えますので

これからどんどん使っていきます。

お肌がスベスベになります。

 

YouTube

東洋はり医学会、UK支部の会員の方が、作成されました。

https://www.youtube.com/watch?v=VDqzERk0M4s&feature=youtu.be

視点の異なる外国人が、日本のどこに興味を抱くのか。
私の子供にも見せようと思います

講習会

昨日の日曜日に東洋はり医学会 八王子支部の講習会に参加しました。

相変わらず活気ある勉強会です・・・。

逆子の鍼灸治療

Sakago_2片井秀一先生の著書です。

随所に工夫がなされていて良書ですね・・・。

鍼灸治療の逆子に対するエビデンスが高いです。

私の子供も逆子でしたので自然な分娩を迎えたい気持ちは本当に理解出来ます。

東日本大震災

今日で東日本大震災から3年になります。合掌

今でも10万人以上の方が仮設住宅で暮らしてる・・・。

切り絵

以前、患者様から頂いた切り絵です。

Kirie_3
当院のシンボルになっています。
切り絵も上達すると水墨画のようになるそうです・・・。
凄いですね。

消費税

Owabi_24月から消費税が上がりますね。

当院の治療費は、現状維持です。

今後とも宜しくお願いいたします。

生理学

私が、鍼灸師になる前は、運動器疾患が主になるので骨格筋を中心とした解剖学の勉強が多いと思っていた。

しかし実際に鍼灸学校に入学すると生理学などの授業時間が多いです。

Diet 東洋医学と「気」は、どうしても切り離すことが出来ません。元は、「氣」と書いていました。

その意味は、お米を炊いて釜の蓋を取った時の蒸気の事を指しています。
確かに炊き立てのお米には、「エネルギー」を感じますね・・・。
身体で活動の「エネルギー」を作るところは、ミトコンドリアでATP(アデノシン三リン酸)を大量合成しています。
ATPは、糖質、脂質、タンパク質の代謝によって作られているので過剰なダイエット弊害は、栄養学を知らなくても生理学を学べば分かります。
科学的に考えると身体の「気」は、ATPの働きという説もあります。「生命エネルギー」という点からしてあながち間違えではないかもしれません・・・・。

平和の象徴

庭の樫の木に鳩さんが、巣作りを始めました。

春ですね~。
固い樫の木は、雛をカラスから守ってくれる事を知っているんですね。
いつから鳩が、平和の象徴になったのでしょうか?
切に平和を祈ります・・・。

膝の痛み

膝の痛みに鍼灸治療が、効果的な事をあまり知られていません。

Hiza治療の目的は、膝関節周囲の血液循環の促進と関連する筋肉や靭帯の緊張を緩和させる事です。
脈をチェックしながら治療を進める理由の一つに血流の状態を観察する事が挙げられます。血液の循環が良くなり過ぎないようにしています。
また、経絡治療では、治療効果から膝と離れている上前腸骨棘の周囲に対して施術を行います。
「変形性膝関節症」は、退行性変化により関節軟骨や半月板がすり減って炎症が起こります。(特に女性に多い疾患です。)
初期には、動作開始時痛が一時的で動き続けていると痛みが軽減します。(軽いウォーキングや部屋の掃除をしていると楽になるのよね~)と話されます。これが曲者ですね・・・。
徐々に進むと動作中に痛くなり炎症によって膝に関節液が貯留します。
悪化すると正常な人の10倍ぐらいなります。こうなる前に鍼灸治療で改善しましょう

ひな祭り

本日は、ひな祭りですが、まだ雪が残っていて寒い日となりました。

G039_3東洋医学には、「陰主陽従」という考え方があり治療にも応用されています。

女の子の健やかな成長を祈ってお雛様を飾り「厄」を払いお祝いする。古来からの伝統ですね。

今年は、忙しくてお雛様を出せませんでしたのでお灸の香気で邪気を払います。(お灸はヨモギから作ります)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »