« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

自然免疫力

鍼灸学生時代に生物学の授業で白血球の働きについて勉強しました。

その当時は、獲得免疫中心でしたが、鍼灸治療によってその働きが高まると知りました。
ここ数年、各細胞に備わっている自然免疫力にスポットが当てられています。(この分野でノーベル賞を受賞しています。)
「個々の細胞に備わっている免疫機能」というと東洋医学の「生命力の強化」や「生まれつき持っている自然治癒力」をイメージします。
紀元前数百年前に成立した「黄帝内経」に書かれている内容が、現代になって科学的に解明されつつある事は大きな意義があります。
各細胞内のゴミ、毒素掃除やミトコンドリアの活性化なども鍼灸治療の効果そのものです。
(ミトコンドリアは細胞内でATPを合成しています)
鍼灸治療を行うと身体が軽くなる、気持ちが楽になるといった表現をされるのも上記のプロセスからではないかと個人的に考えています。

胸郭出口症候群

最近、パソコンやスマホの影響による胸郭出口症候群が多いですね。

Katakori_3 僧帽筋の緊張から起こる単なる肩こりと誤解しているケースがほとんどです。

頚部には、斜角筋三角と呼ばれる部分から重要な神経血管束が出ています。

更に肋鎖間隙を降りて上腕を下降して行く非常に複雑な構造をしています。

分類は、1.頚肋症候群と斜角筋症候群、2.肋鎖症候群、3.過外転症候群があります。 

肩背部からのアプローチだけではなく、鎖骨上窩や斜角筋三角の部分に対しても治療を加える事によって一層の治療効果を高めます。

狭いエリアに対し細いはりを使う鍼灸治療のメリットと言えるでしょう!

また、上記の理由から施術前後の姿勢チェックが重要になってきました。

使用経穴:風池、天柱、肩井、手三里など

松竹梅

朝刊の編集手帳に「松竹梅」の話が出ていました。

当院には、開業時から入口に黒竹があります。
これまで良い梅の木がないか探していたところ
今年のお正月にちょうど良さそうな梅の木と黒松があったので買ってみたところ
梅の花が咲き、先日の大雪でも花を散らす事なく現在も咲いています。
コメントにある通り、確かに内に秘められた「エネルギー」を感じますね。この「エネルギー」も「気」の働きと呼べるのではないでしょうか?

道路完成

当院前の都道169号線が、今月測量を終えて完成したとの連絡が入りました。

新たにファミリーマートも出来て便利になった分、車の交通量が増えています。
お車の駐車場出入りの際には、十分ご注意をお願います。
アクセスマップを更新しないといけなくなりました・・・。

更年期障害

更年期障害は、外見からわかりにくい為、年だからしかたがないと考えたりするケースが多いようです。

更年期になって女性ホルモンが減少すると、体や心に様々な症状が現れます。
例えば、ほてり、発汗などの「ホットフラッシュ」が特徴的です。他にも疲労感、肩コリなどの

「関節痛」や憂鬱、無気力、イライラ、不眠など様々な症状が起きてきます。
現代医学では、「ホルモン補充療法」で症状を抑えていくようです。鍼灸治療では、腎経や

肝経という経絡を使って治療をしていきます。
経絡治療のメリットは、全身にある12経絡が、それぞれ身体の臓腑に繋がっていて鍼灸でそ

れらを調整できる点にあります。(不定愁訴の改善に効果的)
食事では、「イソフラボン」という成分を取るように心掛けましょう!

使用経穴:大衝、三陰交、血海、足三里など

自然治癒力

東洋医学系のサイトには、必ずといっていいほど出てくるのが、「自然治癒力」という言葉です。

免疫システムなどの恒常維持機能は、数字化出来ないのが特徴です。

当たり前ですが、現在自然治癒力が「3」です。この治療をして数か月後には、「6」にしましょう!といえません。

もし将来、病院などで数値化が可能になるとかなり変わってくるのではないか?と考えています。

外科手術後の傷の修復やペットなどの動物を観察していると「自然治癒力」って凄いなと思います。

雪かき

金曜日から土曜にかけて2度目の大雪が降りました。

今回は、水分を多く含んだ雪なので雪かきが大変でした。

11年目

今月で開業11年目を迎えます。

開業時に治せなかった疾患が施術者の経験の蓄積によって
治せるようになる事も体験医学である鍼灸治療の特徴といえるかもしれません。
皆さまのご愛顧に感謝いたします。

大雪

先週土曜日に降った雪は、まだ残っていますね。

降雪の中、来院頂き感謝しています。

立春

昨日は、節分でした。皆様、豆捲きしましたでしょうか。私は、鬼になりました。Photo

本日は、立春ですが、積雪になりました。まだまだ寒いですね・・・。
手足のツボには、五行的性質(木、火、土、金、水)がありそれぞれ相生、相
剋の関係にあります。
経絡治療では、前腕、下腿に主要穴があります。
立春以降ではツボの反応が変化していますので肘、膝まで捲れる服装で来院されると非常に有り難いです。(土穴、水穴が有効になりますので肘や膝周囲のツボを使用します。)
土用の入りは、身体が変化しますので。健康維持を致しましょう。

講習会

昨日の日曜日、東洋はり医学会の講習会に行ってきました。

講習会で習った事を患者様にフィードバック出来るよう努力したいと思っています。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »