« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

眩量(めまい)

毎日蒸し暑いですね・・・。
低気圧の影響から自律神経のバランスが崩れやすい梅雨の時期、「めまい」を起こす方が多いです。Photo_2

その原因として考えられるのは、自律神経系統、内耳炎(末梢性)と脳幹や小脳(中枢性)、頚椎からのものに大別されます。

東洋医学では、眩量(めまい)は「肝の病」と考えられています。肝といっても解剖学上の肝臓ではありません。

ディスポ鍼

先日、ある鍼製造会社の営業担当者が、新製品のPRにみえた。
パンフレットを見るとディスポーザブル(使い捨て)で鍼の長さは5分、太さ0.1mm
と書かれていました。(この商品がすでに販売されている事は知っていた。)
Photo
0.1mmは、蚊の口先が、0.08mmですから蚊の口先とほぼ同じです。ディスポーザブル鍼としては、世界一細い鍼ですよ。」との事。

日本のものづくりが、曲がり角と囁かれている昨今、改めて国産品の素晴らしさに驚嘆した。

私が、「蚊の口先」と言って思い出すのは、鍼灸師なら誰でも知っている「黄帝内経霊枢」、その中にある九鍼一二原編篇に記載されている「如蚊虻止」です。

鍼を患者に刺す時は、蚊虻(蚊や虻)が刺すよう気づかれないよう刺せという鍼の極意である。
 





 

夏至

今日22日は、夏至です。梅雨の晴れ間には、暑くなりそうですね。
節電対策の為に当院では、サーキュレーターを使う事にしました。
Photo

空気が、適度にかくはんしエアコンの冷房効率を高めます。
見た目は、扇風機よりコンパクトで良いのですが、音が若干大きいのが難点です。

その為、治療室内には置けず待合室で使ってます。
貴院でもやっている節電対策、有効なものがありましたら教えて下さい・・・。

父の日

今日6月19日は、父の日です。
ポロシャツをもらいました。
気は心、早速着てみました。
Titinohi  

肩コリ

梅雨の季節になると肩コリを始めとする関節痛が、多くなります。
Katakori 東洋医学的にみると外因の一つである「湿邪」によるものと考えられます。
肩コリは、大きく分類すると「頸部に原因があるコリ」と「肩部に問題があるコリ」に分けられます。

前者は、「頚椎椎間板ヘルニア」や「頸部脊椎症」など主に加齢による椎間板の変性によってその内部にある髄核脱出や椎骨の変形が、痛みやコリなどの発生要因となります。(器質的疾患)

後者は、長時間同じ姿勢を続けるデスクワークや長時間の運転などによって筋肉に疲労物質が、蓄積されます。その結果、患部に血行不良が、起こり痛みコリを発生させます。(機能的疾患)更に「肩関節周囲炎」などの肩関節周囲の炎症により発生するケースも考えられます。

心臓病などの内臓疾患の関連痛として肩こりが発生する場合もあります。「肩コリ」が、万病の元と言われる所以ですね・・・。

 

食中毒

梅雨入りすると食中毒が多くなります。
先達て日本で生肉摂取による溶血性尿毒症症候群が起きたかと思いきや
今度は、欧米でもO-104による病原性大腸菌感染が拡大し、目下その感染源を調査中です。
                  Haraita
なんといっても予防が第一、手洗いと綺麗な調理器具を使い食品は、 良く加熱してから食べる。特に体力の弱いお子様やご高齢の方はご注意ください。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »