« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

慢性疲労性症候群

梅雨入り前の季節になると身体の倦怠感を訴える方が多くなります。
慢性疲労性症候群(CFS)は、ストレスが発症の契機になるとも言われていますが、原因は今のところはっきりと解明されていません。   

全身倦怠感(易疲労性)といっても中には、肝疾患や悪性腫瘍、鉄欠乏性貧血、心疾患、内分泌・代謝異常などさまざまな疾患から発症するケ-スがあります。

潜在的な病気が、隠れている場合がありますので病院の検査で異常が無い事を確認し、鍼灸治療をするようにして下さい。

    

自分に出来る事

今日で震災から2カ月が経ちますが、いまだ被害の全貌は明らかになっていません。
テレビをとおして見る限りでは、復興はまだまだ道半ば、何年もかかる気が致します。

Co2panhu_4 当院がある東京都日野市では、『ふだん着でCO2をへらそう』宣言を行っています。私も参加いたしました。 

鍼灸治療は、鍼ともぐさがあれば、生活の質(QOL)を改善出来ます。エコロジー(ECO)な治療と言えるでしょう。

 

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »